【2019】Instagramビジネスプロフィールのメリット・デメリットを解説

Instagram

Instagramのプロフィールには、

  • 個人用プロフィール
  • ビジネスプロフィール

の2種類があります。

 

最初にInstagramアカウントを作った状態では個人用プロフィールになっているのですが、簡単にビジネスプロフィールに切り替えることもできます。

ビジネスプロフィールとはいっても、実際にビジネスをしている必要はなく、どんな人でも(普通の個人でも)ビジネスプロフィールを使うことができます。

 

個人用プロフィールをわざわざビジネスプロフィールに切り替えることで、どんなメリットがあるのでしょうか?

 

今回は、Instagramでビジネスプロフィールを使うメリットとデメリットについてご紹介します。

ビジネスプロフィールを使うメリット

インサイトを利用できる

ビジネスプロフィールを使う最大のメリットが、「インサイト」機能を利用できることです。

私のインスタは、どれくらいの人が見てくれているのだろう?

どの投稿に人気があるのだろう?

といった、インスタをやっている人なら一度は疑問に思う内容について、実際に確かめることができる機能がインサイトです。

インサイトを使えば、プロフィールへのアクセス数や人気投稿、フォロワーの年代・性別などさまざまな自分のプロフィールへのアクセスに関する情報を確認できます。

プロフィールに連絡先ボタンを表示できる

ビジネスプロフィールでは、プロフィールを見た人が自分に連絡を取るための連絡先ボタンを設置できます。

インスタを活用して個人でビジネスをされているインフルエンサーやアーティストの方々は、お仕事を受けるためにこのボタンを表示させている方が多いですね。

Instagramに広告を出せる

インスタを見ていると、自分がフォローしているアカウントの投稿やストーリーズに混ざって広告の投稿やストーリーズが入ってきますが、

ビジネスアカウントではこの広告を簡単に出すことができます。

 

Instagramに広告を載せる方法については、InstagramビジネスのWebサイトに詳しく書かれています。

Instagram Business
200万以上のビジネスがInstagramで消費者の好きなことにアピールしています。情熱に訴えかけることでどのようにビジネスの拡大に役立つかを説明します。

ビジネスプロフィールを使うデメリット

「鍵アカウント」にすることができない

ビジネスに使うインスタを非公開にすることはあまりないと思いますが、

個人的に使っているインスタで「インサイトは見たいけど、全体公開はしたくない」という場合は、どちらか一方を諦めなくてはいけませんので要注意です。

連携できるフェイスブックアカウントが1つのみ

ビジネスプロフィールでは、連携できるFacebookのアカウントが1つに限られます。

まとめ

インスタにある程度のアクセス・フォロワー数のある方は、一度ビジネスアカウントにしてインサイトを確認してみると、今後の投稿の参考になりそうです。

個人的には、そんなに大きなデメリットはないんだなという印象でした。

 

インスタのアカウントは、ビジネスアカウントに切り替えても、また元の個人アカウントに戻すことができます。

迷ったら「一度試してみて、想像していたものと違ったら個人アカウントに戻す」ということにしても良いでしょう。