【:yt:=ロゴなど】YouTubeライブのコメントで使える隠し絵文字まとめ+出し方

YouTube

YouTubeのライブ配信では、配信者のサポーターになると、普段キーボードで出すものとは違う特別な絵文字を使えることがありますよね。

 

たとえば、有名バーチャルユーチューバーのキズナアイさんのチャンネルでサポーターになると、こんな感じの絵文字(カスタム絵文字)が使えます。

 

しかし実は、他にも(無料で誰でも)特別な絵文字を出せるコマンドがあるのです!

 

この隠し絵文字を使って、YouTubeライブ配信で楽しくコメントしてみてください😆

 

通常の動画のコメント欄では使えません…。

YouTubeライブコメント用の隠し絵文字

絵文字コマンド説明
 

:yt:
YouTubeのロゴ。マーク。アイコン。再生ボタン。
 

:ytg:

 

ytg=YouTube Gamingの略。ゲームのコントローラー
 

:oops:

 

oops=海外のサイトのエラーページによく出てくる言葉で、「おっと!」という意味。この紫のおサルさんは、YouTubeのエラーページに出てくるおサルさん。
 

:jakepeter:

 

jake peterは、2017年に22歳の若さで亡くなったYouTube Gamingの実況者です
 

:gar:

 

gar=「男らしすぎる!」という意味のスラングだそうですが、この顔がその意味なのかは不明です…
 

:awesome:

 

awesome=超いい!という意味のスラング
 

:wormredblue:

 

赤と青のイモムシ
 

:wormorangegreen:

 

オレンジと緑のイモムシ
 

:wormyellowred:

 

黄色と赤のイモムシ(そんなにイモムシいる?!)

隠し絵文字の使い方

隠し絵文字を使うには、

コマンドの文字を普通にライブ配信のコメント欄に打ち込むだけ

でOKです。

 

すべて打ち込み終わると、このように自動で打ち込んだ文字が絵文字に変わります。