ポケ森に飽きた状態を乗り越えるためにしたこと

アプリ

「ポケ森」こと「どうぶつの森ポケットキャンプ」で遊び始めて1ヶ月がたちました。

とっても楽しいゲームなのですが、いかんせん作業ゲーな部分が…。

ポケ森の気分を味わいたくてアプリを開くけど、作業が面倒すぎて閉じる。そんな辛いスランプの時期を乗り越え、再びゲームを楽しめるようになったので、その方法を書きます。

自分の好きな音楽をかけながら楽しむ

実はポケ森プレイ中も、音楽のバックグラウンド再生が可能です。好きな音楽やラジオを聴きながらだと、作業もはかどります。

その間、ポケ森のBGM・効果音はそれぞれ流しっぱなしにも、オフにもできますので設定画面から好きなように調整します。

レベル上げ・なかよし度上げを主目的にしない

序盤はキャンパーレベル・なかよし度上げをよりどころとして進行するので、レベル30を超えたあたりから自分のレベルが上がらない、どうぶつのなかよし度が上がらないことで一気にやる気が削がれてしまいます。

そこでいっそ、レベル・なかよし度上げを度外視し、好きなどうぶつと戯れる、お話しする、好きな家具でキャンプを飾る、車をいじる方向に方針転換をする。そうしているうちに、少しずつ勝手に数字が蓄積されていきます。

48時間かかるオブジェを作る

48時間かかるオブジェはハマっている時に作るといろいろと邪魔なので、嫌になってきたらとりあえず48時間かかるオブジェをパーカーズさんにお願いしてから放っておきます。

また、オブジェのレベル上げの過程で数字が稼げるので、多少気が紛れます。

バザー商人になる

比較的入手が簡単な貝がらなどでも、どうぶつによく要求されるものはバザーに置いておくと売れてゆきます。

バザーはおそらく売上目的ではないですが、誰かが買って行ってくれるとなかなかのモチベーション・楽しみになります。

仲の良いフレンドさんがやめてしまっても新しいフレンドを作る

仲の良いフレンドさんが次々離脱してしまうとやる気がかなり失せてしまいますが、コツコツ続けているとまた新たにフレンド申請がきて、ちょくちょく遊びに来てくれる人も現れますので気持ちを入れ替えて楽しみます。