ちゃんと設定してるのに「この項目は再生できません」と表示される理由

iPhone

iPhoneの「音楽」アプリで、ときどき曲名がグレーになっていてタップすると「項目は使用できません」「この項目は再生できません」と表示されてしまう曲があります。

Apple MusicやiCloudの設定をちゃんとしていてもこのメッセージが表示されてしまうシチュエーションがいくつかあるようです。

Apple Musicで配信されていない曲が曲目リストに表示されている

ときどきApple Musicで配信されていない曲が曲目リストに表示されるシチュエーションがあり、その場合は曲名をタップしても「項目は使用できません」「この項目は再生できません」のメッセージが出ます。

共有プレイリスト

一番多いんじゃないかと思うのが、Apple Musicで配信されていない曲が共有プレイリストに含まれているパターンです。

Apple Musicでは、一般のユーザーが作成したプレイリストをApple Musicユーザーと共有できる「共有プレイリスト」という機能があります。

 

たとえば、人気アーティスト米津玄師さんの名前でApple Musicを検索してみると、このように候補の一番上に「共有プレイリスト」が出てきます。

タップしてみると、Apple Musicユーザーが作成・共有した米津玄師さんのプレイリストがたくさん出てきました。

これをみると、「Apple Musicでも米津玄師さんの曲が聴けるんだ!」と思ってしまいそうなものですが…実は、米津玄師さんはApple Musicで楽曲を配信していない人気アーティストのひとりです。

この通り、実際にプレイリストを開いてみると、Apple Musicでの配信を行っているアーティストのDAOKOさんとコラボした楽曲「打ち上げ花火」以外はすべてグレーの「再生できません」の状態になっています。

プレイリストに入っている米津玄師さんの楽曲はそのユーザーが自分で購入した音源の曲目が入っているもので、Apple Musicでは配信されていないので曲を聴くことができません。

ちなみに、Apple Musicで配信されていない楽曲を自分で購入していて、その楽曲が共有プレイリストに含まれていた場合…

  • iTunesストアで購入した楽曲の場合:共有プレイリスト内で再生できる
  • CDから取り込んだ楽曲の場合:共有プレイリスト内では再生できない

仕組みになっているようです。

コンピレーションアルバム

共有プレイリストの次に思い当たるのが、コンピレーションアルバム(複数のアーティストが参加しているアルバム)のパターンです。

こちらは椎名林檎さんのトリビュートアルバム「アダムとイヴの林檎」の曲目リストですが、一部の曲が再生できなくなっており…

アルバムの中で再生できない曲は、シングルのかたちで配信されているようです。

このように、それぞれ別の(権利を管理する)会社に所属するアーティストが一枚のアルバムに曲を提供しているコンピレーションアルバムでは、一部の曲が再生できなくなっていることがよくあります。

アルバムの中で再生できない曲は「アダムとイヴの林檎」のようにシングルの形で配信されていたり、まったく配信されていないこともあります。

アルバムが未発売

Apple Musicでは、未発売のアルバムでも(発売されたらすぐ聴けるように)あらかじめライブラリに登録しておくことができます。

アルバムの発売日までまだ時間があり、一部の曲がすでにリリースされている場合、アルバム全体の曲目リストが表示されるものの、アルバムのみ収録の曲は発売日まで再生できません

アルバムの発売時期はジャケットの右横で確認できます。

iCloudアップロード・ダウンロードの問題

(このシチュエーションはApple Musicとは無関係です)

パソコンのiTunesで音楽を追加するとiCloud経由でiPhoneとの同期が始まりますが、データを全て同期するには時間がかかります。

音楽データを完全にiPhoneにダウンロードできるまで、再生できない状態で待つことになります。

きちんと設定されていても、データの容量が大きかったりネットの接続が遅い・不安定だったりすると長く時間がかかります。