iPhoneアプリが「消去中…」になっている時、何が起こっている?

iPhone

iPhoneのホーム画面にあるアプリのアイコンが「消去中…」という表示になっていることが、たまにありますよね。

 

なんかアプリの名前が「消去中…」ってなっているけど、大丈夫かな?

アプリのデータ容量が増えすぎてスマホの容量を圧迫しないように、アプリ内の不要な一時データを消去しているだけなので、大丈夫です。

 

データを消去しているといっても、アプリ内であなたが使う大事なデータを削除しているわけではありません。

 

アプリの中には、何度も同じデータを繰り返し表示する場合にいちいちデータを持ってこなくてもいいように、アプリの中にデータを一時的にためておく機能(キャッシュといいます)があります。

しかし時間が経つと、よく開くデータも変わってきますよね。

そこで、「アプリの中に一時的にためてあったけど、もうそんなに使ってないな…」というデータをときどき点検して、お掃除してくれているのです。

英語版のiPhoneでは「消去中…」が「Cleaning…」という表現になっているのですが、クリーニング=お掃除と捉えると分かりやすいです。

 

たとえば、ツイッターアプリで頻繁に見るアカウントがあった場合に、そのアカウントのプロフィールの画像が、いちいちダウンロードしなくてもいいように自分のアプリの中にデータとして保存されていたりするんですね。

それによって、いちいち画像をダウンロードする時間がなくなり、高速で快適にツイッターを使えるわけです。

でもその中からもうしばらく開いてないアカウントが出てきた場合、保存しておいた画像データは無駄&邪魔になってしまいますよね。

そういったデータの削除が、「消去中…」の状態の時に行われています。

 

LINE、Twitter、Instagramなど、頻繁に利用するSNSアプリはこの一時的なデータがたまりやすく、「消去中…」の状態を目にすることも多いかもしれません。

 

実際にやっていることは大切なデータやアプリ自体の消去ではなく、不要データのお掃除なので、安心してください。